トップページ > 企業情報 >出版文化社フィロソフィ

出版文化社フィロソフィ

我が社の社是
1 幸せな社員がお客様を幸せにする                        
我が社の経営理念(私たちが事業活動をおこなう理由)
1 「則天去私」私欲を抑制し、天に恥じない企業活動を行う
2 「誠意 熱意 創意」3つの意志は不可能を可能にする
3 「人間への限りない興味」我々の事業活動の源泉である
4 「コミュニケーション活用」社会の平和、発展のため活性化に寄与する
5 「修身斉家治国平天下」天下に号令を発するは、自身を修めることから始まる
我が社の目標(我が社はこういう会社になりたい)
1 少数精鋭の社員をもって、自主責任体制を確立する。
2 全社員が3つの意志をもって高能率、高所得をはかり、真に働きがいのある職場を作る。
3 信頼される企業体質、明るく、健全で、活力に満ちた職場を作る。
4 他に一歩先んじる企画力と行動力によって、業界のリーダーとなる。
5 ガラス張りの経営を貫き、取引先、社員と経営層の信頼を高める。
経営の基本方針(経営に当たる際の心構え)
1 顧客との接点を活性化させる−経営計画はすべてそこから始まる。
2 人間性弱説に基づいた経営施策をとる。
3 会社を私物化しない。業務を私物化しない。
4 絶えず生産性の向上に努め、常に適正な利益を確保する。
5 成長は企業活力の源泉。変化を怖れず、常に自己革新を遂げてゆくことによって、企業は維持される。
6 人まねでない、独自の切り口を事業展開に求める。
7 私たちにとって、お客さまは最高の教師。わからなかったら、お客さまに聞く。
お客さまから学ぶことは、あらゆる事業の基本である。常にお客さまの立場に立って考え、行動する。しかし、お客さまは変化する。その変化に対処し、不断の商品開発と経営の合理化を追求する。
8 サービスを提供するにあたっては親切を旨とし、お客さまの不安を除去することが最大の務めである。
9 個人、団体へのトータルコミュニケーション・サービスで、一人ひとりのお客さまをいきいきとさせ、一つひとつの企業を活性化させるのが、私たちの仕事である。
10 我が社の仕事を通じて、お客さまと仕入先の発展に貢献する。
11 企業は人材の質と量で決まる。良き人材を求めるための説得力をもち、より良き人材へと育むため、親身さと厳しさをもつ。
12 会社が起こす最大の罪は、お客さまを失望させることである。経営者の最大の罪は社員を失望させることである。社員の最大の罪は、ゴマかしと怠慢である。これを忘れず、常に反省と勉強に努める。
私たちの行動指針(私たちの仕事に対する姿勢)
1 常に消費者を視点の中心にすえ、顧客・読者を第一に考える。その上で、仲間を考え、会社を考え、それを自身の喜びとする。
2 この世の一人として未来を予見できる者はいない。未来は待つものではない。私たちの頭と手と足で創り出すものである。
3 常に将来を考え、絶えず現状の改善を図る。不満のない会社はない。その不満を諦めることなく、改善の原動力とする。
4 お客さま、仕入先との不必要な交際は避け、潔白を保つ。
5 拡企画、拡編集を志し、企画立社として新しい技術を指向する。
6 業務は周到に企画し、果敢に実行する。
7 自分にしかわからない仕事はしない。常に第三者の視点から自身の業務を視る習慣をもつ。
8 代表者を含む、社員の利己的な行動、怠惰、ごまかしは社内の信頼を損ない、経営管理手法を性悪説へと近づける。排除すべし。
9 高い感受性に基づいた観察力を養い、企画力向上のベースとする。
10 整理の行き届いた、衛生的な職場を作る。
11 私たちはコミュニケーションを提供するプロとして、まず私たち自身のコミュニケーション能力を錬磨し、向上させる努力を惜しまない。
12 私たちは何が為にがんばるのか?お客さまのため、仲間のため、仲間の家族のため、よりよい会社をつくるため、あとに続く我が社の後輩のため、あとに続く我が業界の後輩のため、あとに続く世代によりよい企業と社会を引き継ぐために、私たちはがんばる。
我が社の社員精神(私たちは、こういう考え方で日々の業務にあたってゆく)
1 私たちは変化をおそれない。社会と業界の既成概念、古い因習に囚われない。
2 私たちは明朗活発で、精神的に自由な社風を創る。
3 私たちは旺盛なサービス精神を発揮する。
4 私たちは常に勉強の時間を惜しまない。良識と知性を高める研鑽を怠らない。
5 私たちは人を世話することを好み、信じあえる仲間作りを進める。
6 私たちは不労所得を嫌う。
7 私たちは人生を開拓する集団である。高い自己実現を達成するため、自己啓発と責務の完遂に情熱を燃やす。
8 私たちは社員は戦力として容赦なく鍛える。
9 私たちは幸せでありたい−−私たちの共通の願いである。幸せとは、共に生きる人々から信頼され、尊敬され、愛されること。そのためには、自ら人を信頼し、尊敬し、愛することから始める。
10 私たちは自己の決定や方針を疑う勇気をもつ。反省を含めた自問自答を繰り返すことから自己啓発は始まる。
11 私たちはお客さまへの感謝、社員同士の感謝の気持ちを忘れない。
12 私たちは美しい心、美しい言葉、誠実な態度をもって、人に接する。

 

  • 企業情報 トップ
  • 会社概要
  • 出版文化社フィロソフィ
    • 行動規範
  • 代表者挨拶・略歴
  • 事業内容
  • 沿革
  • 事業所所在地(アクセス)
  • リスクマネジメント
  • ISOの取り組み
  • 社会貢献
  • 営業日カレンダー